>>W酵母配合で効果が高いプレミアム酵母<<

2016年10月06日

ビール酵母の効果で糖尿病の血糖値上昇を抑える!

ビール酵母には血糖値抑制効果が期待できるんです。ビールを作った後の搾りかすであるビール酵母は非常に多くのアミノ酸やミネラル、食物繊維を含んでいることで豊富な栄養素として知られていますが、それ以上に血糖値を抑制する効果が期待できるので糖尿病患者にもおすすめのサプリメントなんです。

それもそのはず、ビール酵母には、クロムが豊富に含まれてることがわかっています。このクロムは、たんぱく質の一種で、ブドウ糖耐性因子とも呼ばれる存在で、血糖値抑制効果も持っている成分なんです。

更にビール酵母にはインスリンの効果を高める成分であるα-リポ酸の体内での合成効率を高める作用もあり、そのダブル効果で糖尿病患者の症状改善や糖尿病の予防などに非常に高い効果が期待できます。

既にアメリカでは、クロムとα-リポ酸の合成効率の向上が糖尿病患者の症状改善に役立つのではないかとビール酵母を活用した治験も行われており、その効果も実証済で非常に高い効果があることがわかっています。

更に嬉しいことにビール酵母は比較的安価で手に入りますので、サプリメントとして最近は常用する人も増えてきました。普段から血糖値が高くて下げたい人、糖尿病の予防や症状の改善が必要な人には、非常におすすめの成分です。

特に糖尿病の抑制や改善に効果が高いと言われているのが、アサヒのスーパービール酵母Zです。これは天然のビール酵母に加えて、必須ミネラルである「クロム」「セレン」「カルシウム」「亜鉛」、ビタミンB1・B2・B6・B12などのビタミン群を強化していることでより効果が高まるように考えられたサプリメントですのでぜひおすすめします。


posted by あき at 21:18| Comment(0) | ビール酵母酵素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。