>>W酵母配合で効果が高いプレミアム酵母<<

2016年09月29日

ビール酵母が癌治療に役立つ?あなたが知らないビール酵母の効果とは?

ビール酵母は実は癌の予防や癌の治療に有用なんですが、多くの医師はそのような事実から目を背けがちです。ビール酵母などに含まれている酵母菌は乳酸酸性にヒジュに強く、酵母菌自体がビタミンやアミノ酸、核酸を作る仕組みを持っていることで乳酸の消費を行ってくれるんです。

しかも酵母に含まれるビタミンB群やジクロロ酢酸、豊富なミネラルが糖質と乳酸の代謝を促進し、体内が乳酸の影響で参加した状態から改善してくれるんです。しかもビール酵母には、豊富な栄養素が大量に含まれていますよね?

ビール酵母が一度分解吸収した栄養素を摂取することは人間にとっても非常に吸収しやすい状態になっていますので、豊富な栄養素を更に効率的に吸収できることにも繋がります。更に酵母菌の体内で栄養素のバランスも整えられていることで更なる効率化ができます。

癌を治すためには、豊富なビタミン・ビタミン様物質・ミネラル・アミノ酸・ミトコンドリア賦活などの連携が必要になります。そういった意味では、癌の治療に主役と言うよりも予防効果が高く、治療の際にサポート役という印象の方が強いように思います。

実際に癌の治療を行う際には、ビール酵母に合わせてミトコンドリア賦活・蓄積した乳酸の消去・酸化の還元を実行できる方法と合わせて行うことでより高い効果を発揮することに繋がりますので、癌治療で悩んでる方には本当におすすめです。

癌治療を行う過程では栄養不足に陥ったり、腸内環境の悪化による免疫力の低下、ビタミンBを大量摂取することで、抗癌剤治療による口内炎対策にも効果的に作用すると思いますので、上手く取り入れて実施していきましょう。


posted by あき at 21:09| Comment(0) | ビール酵母酵素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。