>>W酵母配合で効果が高いプレミアム酵母<<

2016年09月11日

酵母酵素の性質や特徴とは?その違いを紹介します。

酵母と酵素を同一化している人が以外にも多いので、その性質の違いや特徴を簡単に紹介しますので、これを参考に酵母と酵素の違いを知っておきましょう。

そもそも酵母とは「栄養体が単細胞性を示す真菌類の総称」で、酵素とは「触媒として働くタンパク質の総称」という大きな違いがあります。つまり酵母は微生物で酵素は物質なんです。名前こそ似ているもののその存在は全く別物という分けです。

酵母は酵素がない状態で糖を分解してエネルギーを得て、そこからエタノールと二酸化炭素を生み出す発酵を行います。この発酵は酵母が生み出す複数の酵素を触媒として使用することで成り立ちます。

酵素は様々な状況で触媒として作用しますので、酵素自身は変化せずにどんどん化学反応を起こしていきます。特に酵素の触媒としての機能は非常に優秀で少量でも非常に大きな効果があります。

酵素が作用することで化学反応のスピードが数千万倍?数千兆倍にも高まるんです。つまり酵素がなければ数ヶ月や数年掛かるような化学反応を瞬時に行うことができる様になるわけです。この効果が体内でどんどん作用することで人間は生きるためのエネルギーを作り出したり、脂肪を燃焼したりしているわけです。

なので酵素が体内に大量に存在する状態を維持することが健康や美容上でも非常に重要なことなんです。しかし酵素は不足しがちです。熱にも弱く胃酸にも負けてしまうために酵母を摂取することで体内で新たに生み出してもらうことが大切です。

そうすることで体内の酵素を効率的に増加させることができますので、酵素を単体で摂取するよりも酵母を摂取することで体内で発酵を通じて増やしていくという考え方が非常に大切というわけです。


posted by あき at 21:19| Comment(0) | 酵母酵素 関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。